小児障がいマッサージとは

当院は東京で初めて
「日本小児障がいマッサージ普及協会」
の認定を受けた治療院です。

協会認定マッサージの特徴

「脳内マップ」を上手く活用した
”GLITTER式マッサージ”
副作用も無く結果を残し続けている協会独自の手法で、医師や理学療法士など医療関係者にもその効果を認められています。

リハビリとの併用で相乗効果の期待
これまでは脳性麻痺など障がいを持ったお子さんに対しての治療法としては、リハビリや薬物注射など限られたものでした。

自己負担金なしでお得に体験
お手持ちの健康保険と医療助成を利用できれば自己負担0でマッサージを受ける事が可能です。

脳内マップとは?

脳内マップとは、意識の有無を問わずに各器官の調節をする為の脳の身体の感覚(イメージ)です。

これらを上手に構築させる為には「注意・知覚(感覚)・記憶・言語・判断」の要素があり、特に「注意・知覚(感覚)」の2つが重要な働きをします。

身体の感覚・記憶の統合力の向上には、この脳内マップ構築が必要不可欠と考え、それを補助する方法が「GLITTER式マッサージ」なのです。

なぜ「注意・知覚」が重要な働きをするのか。
それは日常生活を送る中で最も頼る五感感覚は「視覚」であり、実に80%を占めて動きにも連動するとされます。
ただし、脳性麻痺など障がいを持ったお子さんは、視力(視覚感覚)が弱い為、多くの情報(感覚)を獲得出来ずに動きの習得(学習)が比例して遅くなってしまいます。
その理由から運動習得に時間がかかってしまう場合が多いようです。

このことから、注意・知覚を中心においた脳内マップを構築するようにGLITTER式マッサージを効果的に行っていきます。